2020.5.13
インタビュー

億越え3物件の最前線営業マンの語る現代富裕層の特徴【後編】

(グランリビオ芝大門の内観)
(グランリビオ芝大門の内観)


野村不動産アーバンネット(株)の提供する「グランリビオ芝大門」「ガーデンパレス 自由が丘」「ザ・サンメゾン白金台」の担当営業チーフ3名が、これら物件のお客様であるエグゼクティブアッパー層・富裕層の特徴や不動産資産に関する考え方などを語ります。

(前編はこちらから)

━━地方在住 or 都心在住のエグゼクティブアッパー層、富裕層の方で、不動産に求められる条件に違いはありますか。
 
角野
前編でも少し触れましたが、私が担当する「グランリビオ芝大門」では地方に住まわれている富裕層の方であれば、東京への出張や来訪時の住居としての都心セカンドニーズが強くあります。

近藤
やはり羽田空港からのアクセスの良さに絞ったニーズですか。
 
グランリビオ芝大門の内観
角野
そのとおりです。地方在住のお客様は「特定のエリアで探したい」というよりも、もう少し広い条件、例えば5~10億円程度で、羽田空港からアクセスのいい都内の物件を探しているといったケースがあります。一方、都心の富裕層の方であれば、すでに好きなエリアがあり、その該当エリアの物件を購入される傾向もありますよね。
ザ・サンメゾン白金台の内観
石川
私が担当する「ザ・サンメゾン白金台」のお客様は、まさに後者(好きなエリアが決まっている)のニーズが強いです。地方に在住されているお客様も、ロビー活動やプライベートバンカー、富裕層ネットワークならではのリアル情報、他方でWebなどを使って情報を収集しつつ、自己居住物件としての住みやすい周辺環境や、港区というエリアとしてのブランドも重要視されています。また、都心に住まわれている方はすでにメインで使用している住居がある場合がほとんどですので、ご家族の通勤や有名私学への通学に合わせた物件をお探しになるなど、少し違った条件を元にセレクトされます。
ガーデンパレス自由が丘の内観
近藤
私が担当する「ガーデンパレス 自由が丘」の場合、見学にいらっしゃるお客様は地方に在住されている方が見受けられます。自由が丘特有の住みやすい住環境を求めていらっしゃるので、そもそも超都心に住みたいというニーズがあまりないかもしれませんね。

石川
私が担当する白金台の物件は、ご契約いただいたお客様やモデルルームへの来場者の方の中では、都心に在住されている方が多い印象です。特に、すでに港区に住まわれている方からのお問い合わせが多いと思います。港区内での住み替えニーズです。

近藤
港区の物件から同じ港区へ、というご要望があるのでしょうか。

石川
やはり港区という高級住宅エリアに魅力を感じられているからだと思います。エリアは港区でというこだわりを強く感じるお客様が多いです。

━━現役世代とリタイア世代でも違いはあるでしょうか。

角野
リタイア世代の方はモデルルームにあまりご来場されません。これは、ご高齢の富裕層の方のほとんどが実質的な経営を退かれても、会長職や相談役などの要職に就かれていており、多忙なことが影響していると思います。

石川
私もそう感じます。例えば、一般的なサラリーマンの方で60歳代になると定年退職される方もいらっしゃいますが、同じ年代でも富裕層の方はまだまだ現役で、今もなお、むしろこれからもすばらしい成果を上げていらっしゃることが多いです。

近藤
70歳代の方でもいわゆる現役世代の30歳~40歳代の方と同じくらいご活躍されていらっしゃる方もいますよね。いわゆるアクティブシニアの方々がほとんどなので、現役世代との大きな違いをあまり感じることはありませんね。

>>資産活用や不動産投資に役立つ限定情報をもっと見る

━━アクティブシニアの富裕層の住み替えニーズには、どのような特徴がありますか。
ザ・サンメゾン白金台の内観
石川
なるべく広めの物件を探している方が目立つ印象です。お客様にもよりますが、現在地方に在住で戸建てに住まわれている方であれば、具体的には150~200平米以上などの条件をお持ちです。戸建てに比べれば平米数はある程度落ちますが、「なるべく広いマンションを」というご要望をいただきます。また、現在の住居に似た落ち着いた環境や、災害を気にされて高台など安心できる環境を念頭に探されていて、実際に本件をご購入いただいています。港区内の特徴ですがヴィンテージマンションのほとんどがヒルトップ系に立地していることは有名ですね。
ガーデンパレス自由が丘の内観
近藤
自由が丘にも同じく、現在戸建てに住まわれている方が多くいらっしゃいます。こちらは概ね80平米以上という広さや、近隣に日用品を購入できる場所があるかなどのご要望をいただきます。エリア特有のニーズとしては、広さよりも環境の良さや、ショッピング等の利便性を求められることが多いように感じます。また堅実性を感じます。
 
グランリビオ芝大門の内観
角野
芝大門では白金台と同じくらいの「150平米以上で」というニーズが多いです。住んでいるエリアが高級志向であれば住宅設備の充実度や物件の格調など、全体的なグレード感が重要になります。日用品などのお買い物がしやすいかという部分は、1番に気にされる要素ではないように感じます。アッパーランクのホテル生活をされていらっしゃる方が多いので、やはり居住空間に求めるものは、とても意識が高いものとなります。レセプションの有り無しも重要ですね。

━━エグゼクティブアッパー層、富裕層のうち、海外不動産を所有している方はどの程度いらっしゃるでしょうか。
ザ・サンメゾン白金台の車寄せ(完成予想図)
石川
例えば、若いコンサルタントの方であれば海外にお仕事の拠点をお持ちの方も少なくないので、アメリカやオーストラリアなどに物件を所有されている方も多数いらっしゃいます。グローバルに働いていらっしゃる若い世代の方は、概ね所有されているのではないでしょうか。

近藤
同感です。ご夫婦で奥様か旦那様が外国の方であれば、十中八九所有されていると思います。ただ、自由が丘ではあまり海外物件を所有されているというお話自体が出てきませんね。資産として物件を持っておきたいというよりも、もっと実需(住居目的)寄りなニーズで物件を探されているからだと思います。

角野
私は羽田空港へのアクセスのいい物件の担当ということもあり、海外不動産がよく話題にあがります。普段コンドミニアムとして使用されている富裕層の方がいる一方、ビジネスでの渡航時に自己居住で使われているというケースも多いようですね。

━━海外市場から見て、日本の不動産市場への投資はどのような魅力があるでしょうか。
ザ・サンメゾン白金台の外観(完成予想図)
石川
白金台は、エリアとして海外の方の注目度はあまり高くありません。もちろん、タワーマンションや話題の物件であれば、ある程度の来場も見込めますが。

角野
芝大門は、羽田空港ありきのエリアのためモデルルームの1日の来場者すべてがアジアからの外国の方だったということもあります。

石川
芝大門は、特にアジア系のお客様が多いですか。

角野
そうですね、欧米の方はあまりいらっしゃいません。訪日外国人の方の割合を見ても、アジア系の方の来日数が圧倒的に多いようですね。やはり注目度という意味ではアジア諸国からのニーズが高いと思います。東南アジアマーケットに比べると、まだまだ東京都心マーケットには割安感がありますし、ここにはインバウンド需要は続いていると感じます。
ガーデンパレス自由が丘の内観
近藤
以前、別エリアを担当していたときのことを思い返すと、空港からのアクセスが悪い山手線の外側には海外の方はあまりご来場されません。もともと日本に居住されていて、周辺環境が気に入ったという理由で購入されることはありますが、海外の方が投資目的で郊外の物件を購入されることは先ずないと思います。

全体として、自宅としての利用は一時期よりも減少していると思いますが、空港からアクセスのいい投資用物件のメリットは多いので、自己居住以外では注目度はまだ高いと言えるでしょう。当面はインカムを得て節税を絡めつつ、将来はキャピタルゲインも期待できる物件は、やはり強いですね。

━━最後に、担当されている物件が多くのお客様にご好評いただいている理由はどのような部分からだと感じているか教えてください

角野
「グランリビオ芝大門」は、都心のランドマークである東京タワーが一望でき、再開発が進む港区の中で将来への期待が非常に強いエリアにあります。資産性が高く、そして、唯一無二の景観。この2つの要素は、ほかには変えられないものです。こういった部分が、人気を得ている要因だと感じています。
近藤
「ガーデンパレス 自由が丘」は、二子玉川、渋谷、中目黒など、人気路線である東急線沿いのエリアです。周辺は邸宅街ということもあり、大規模開発などが行われにくく、将来の環境変化リスクが少ないという魅力があります。また低層住宅エリアなので、マンション供給自体が少ないという特性もあります。そのため、希少性の高い物件で、落ち着いて生活をしたいというニーズにお応えできる物件です。桜並木に面し、お部屋から季節の移り変わりを感じていただくこともできるため、住環境を重視される方におすすめです。
石川
「ザ・サンメゾン白金台」も数多くの魅力を備えている物件です。ざっとご紹介すると、白金台駅から4分、プラチナ通りから一本入った高台に位置し、緑が多く、プラチナ通りでの買い物や飲食が便利です。また高輪ゲートウェイの再開発による高いエリア価値、さらに周辺には同じようなマンションが見当たらない希少価値もあります。ここではお話しきれない魅力もございますので、ぜひモデルルームにお気軽にご来場ください。物件の魅力を知っていただければきっとご納得いただけると思います。


グランリビオ芝大門へのお問い合わせはこちらから(リンク:https://nskre.jp/shibadaimon/index_pc.html

ガーデンパレス 自由が丘へのお問い合わせはこちらから(リンク:https://www.nomu.com/mansion_n/n/g-palace/

ザ・サンメゾン白金台へのお問い合わせはこちらから(リンク:https://s-shirokanedai.jp/


※記事内パース素材について
掲載の完成予想CGは、計画段階の図面を基に描き起こしたもので、実際とは異なります。雨樋、ベントキャップ、エアコン室外機、避難ハッチ等再現されていない設備機器がございます。周辺建物・電柱・電線・道路等は省略しております。植栽は、特定の季節やご入居時の状態を想定して描かれたものではありません。また、植栽計画および共用部の家具・調度品・アート作品・照明器具等は変更となる場合がございます。

グランリビオ芝大門の内観:
背景は想定されるものでありモデルルームとの合成写真です。モデルルーム・家具調度品は含まれません。

ガーデンパレス自由が丘の内観:
室内写真に2018年4月に撮影した桜並木を合成しCG加工を施したもので、実際の住戸からの眺望と異なります。モデルルーム・家具調度品は含まれません。

ザ・サンメゾン白金台の内観:
モデルルーム・家具調度品は含まれません。

>>資産活用や不動産投資に役立つ限定情報をもっと見る
 

【オススメ記事】
ハワイとバンコクで物件購入。不動産投資家・赤井誠氏が海外不動産投資をはじめた2つの理由
不動産の相続はなぜトラブルに発展しやすい?リスクを避けるためには?
キャリア25年ベテラン営業マンに聞く、自分にあう不動産会社の選び方
「いい人生を、確かな人と。」そのブランドメッセージに込められた想いとは
「2019年不動産マーケット」、業界エキスパートが注目する3つのキーワード

NEXT コロナ禍でも顧客反応率トップクラスの販売チーフに聞く なぜ今この2物件に注目が集まるのか 【前編】
PREV 億越え3物件の最前線営業マンの語る現代富裕層の特徴【前編】

続きを読む

公式Twitterアカウント

※本サイトの記事は(株)ZUUが情報収集し作成したものです。記事の内容・情報に関しては作成時点のもので、変更の可能性があります。