2019.2.4
相続・不動産

「一生つきあえる不動産会社とは?」選ぶコツと注意したい3つのポイント

(写真=goodluz/Shutterstock.com)
(写真=goodluz/Shutterstock.com)
資産形成において「どのような不動産会社を選ぶか」は とても重要です。なぜなら、資産の中でも不動産は高額になりやすく“資産の要”といえるからです。合わせて、効果的な相続対策にも不動産の活用は欠かせません。大切な資産である不動産のサポートを安心して任せられる不動産会社の条件を考えます。

一生つきあえる不動産会社の条件.1「情報提供力」

本稿では3つの条件を挙げますが、その中でも「情報提供力」は極めて重要です。不動産売買の最終的な決断を下すのは、不動産会社ではなく、あくまでもお客様自身です。そして、その決断の根拠になるのは「情報」です。

メディアや口コミでも不動産情報は得られます。しかし、現場の最前線にいる不動産会社からもたらされるのは「リアルな活きた情報」です。活きた情報が多いほど、精度の高い判断をしやすくなります。

情報提供力がある不動産会社か、そうでないかは、コミュニケーションを開始すればすぐに分かります。例えば、物件の問い合わせをした時、情報提供力のある不動産会社は、その物件の背景などをくわしく教えてくれます。さらに必要に応じて、不動産市場全体の動向、対象エリアのトピックス、税制の詳細や改正点などの判断材料を豊富に提供してくれるものです。

ポイントとしては、お客様の方から「売買目的や希望条件」を丁寧に伝えていく姿勢も大切です。それによって、よりご自身に合った情報が提供されやすくなります。

情報提供が行われる場は、コンサルタントとの面談に限りません。その不動産会社が運営するメールマガジン、Webメディア・Web サイト、オーナー向けのマガジンの他に、セミナーもあります。

一生つきあえる不動産会社の条件.2「コンサル力」

不動産会社であれば「物件の提案力」を備えていることは当然です。これに加えて、お客様の不動産売買の目的や潜在的なニーズをくみ取り、コンサルティングのできる不動産会社を選ぶと、より満足度の高い物件を購入できる確率が高まります。

コンサル力の優れた不動産会社は、たとえ物件の問い合わせが入り口でも、物件の説明に留まらず、購入目的をしっかり確認してきます。その上で、お客様の資産形成にさらにプラスになる物件がないかを考え、資産運用コンサルティングをしてくれるものです。

こういった部分は、実際の提案を通してチェックするしかありません。面倒と思わず、積極的に不動産会社と面談して確認していきましょう。

一生つきあえる不動産会社の条件.3「チーム力」

ここで言う不動産会社のチーム力とは、「部門間やグループ企業との連携」のことです。チーム力のある不動産会社の選択によって、お客様はより多くのベネフィットを得られます。

たとえば、不動産以外の分野の資産運用コンサルティングをしている部門やグループ会社があれば、より幅広い視点からの資産形成の相談にものってもらえます。

このチーム力の確認は、コミュニケーションの中で「どのような社内体制で、具体的にどのようなサービスが提供可能か」を聞くと概要が見えてきます。さらに、その中の気になるサービスについて、実績やケーススタディをヒアリングすることで、ある程度の精度をチェックできます。

資産運用の成功者に紹介していただくという手も

一生つきあえる不動産会社を見つける方法としては「資産家として成功された方からの紹介」も挙げられます。成功者は、信頼できる不動産会社というパートナーがいる確率が高いです。「信頼できる不動産会社はないか」「どのような提案・サポートがあったのか」などをヒアリングし、魅力を感じたなら紹介してもらうのも一案です。

しかし、特定エリアや物件種別で事業展開している不動産会社もありますし、教えてもらった不動産会社とあなたの相性がよいとも限りません。複数の不動産会社を候補にして、その中から絞り込んでいくのが確実です。パートナーにする不動産会社は1社にこだわらず、得意分野の違う複数社を使い分ける選択もあります。

>>不動産投資・収益物件、投資用不動産のことならこちら

【オススメ記事】
【マイホーム売却時に節税になる特例集】3,000万円控除、共有による6,000万円控除、軽減税率……
子や孫が住宅購入。資金援助を頼まれた時に知っておきたい贈与税のポイント
不動産を相続したらどのように行動するべき?
相続税の税務調査がやってくる確率は約15%。贈与の申告漏れを防ぐ「贈与契約書」
「相続対策の不動産投資」と「通常の不動産投資」。決定的な違いとは?

NEXT 不動産投資をしている人が確定申告で気をつけるべきこと。e-Tax は 使うべき?
PREV 子や孫が住宅購入。資金援助を頼まれた時に知っておきたい贈与税のポイント

続きを読む

公式Twitterアカウント

※本サイトの記事は(株)ZUUが情報収集し作成したものです。記事の内容・情報に関しては作成時点のもので、変更の可能性があります。